2018年10月31日水曜日

【レースレポート】CJ-1 妙高杉ノ原Stage

大会名:Coupe du Japon 妙高杉ノ原Stage
開催地:新潟県妙高市杉ノ原スキー場
開催期間:10月26~27日
カテゴリー:エリート
リザルト:XCO(クロスカントリー) 優勝
Photo: Ryuta Iwasaki

【主な使用機材】
コンポーネント:SRAM XX1 EAGLE 34T
ビブショーツ:SPECIALIZED SL PRO BIB SHORT
グローブ:SPECIALIZED XC LITE
サングラス:OAKLEY  RADER EV PRIZM LENS
ヘッドバンド:HALO

天候:曇り
コースコンディション:ウェット


PRACTICE DAY(10月26日金曜日)
Photo: Ryuta Iwasaki
Coupe du Japonシリーズ最終戦が新潟県妙高杉ノ原スキー場にて開催。前戦9月末の下関大会が台風の直撃により中止となり、国内レースとしては8月の白馬大会以来のシリーズ戦となったが、前週にインドネシアで行われたアジアマウンテンバイクシリーズに参加できたので、レース感を失うことなく妙高入りできた。今年も目標の一つであったシリーズ戦連覇であったが、八幡浜、田沢湖でもポイント取りこぼしが響き、残念ながらシリーズ総合優勝を取ることができなかっので、最終戦では良い走りをすることだけを目標に。
Photo: Ryuta Iwasaki
今回のレースから投入となったMEN’S S-WORKS EPIC ULTRALIGHTは、そのウルトラライトの名の通り、通常のMEN’S S-WORKS EPICよりも更に100gの軽量化に貢献している特殊グラフィックを採用しており、数値以上に軽快さを感じられるバイク。周回数を重ねるごとにバイクとの一体感感覚が増すのを感じながら、6周回で試走を切り上げる。大会当日はウェット路面も予想されたが、しっかりトラクションがかかるFAST TRAK2.1を選択。

XCO RACE DAY(10月27日土曜日)

9:00から会場に入り。早めの昼食を食べてレースに備える。やはりコースは夜中の雨の影響により多少ぬかるんでいたが、1周回約10分程での周回が予想される高速なコースだったので、タイヤはFAST TRAK 2.1のままで行くことに。スタートの1時間前からアップを開始。小雨も降って気温が上がらなかったので30分間重めのギアを踏んで足の筋肉を冷やさないように心がける。
Photo: Ryuta Iwasaki
13:00になりレース開始。上手く先頭に出ることができ、アタックを続けてペースアップを試みる。
Photo: Ryuta Iwasaki
コース中盤で2番手に10秒程のタイム差をつけることに成功したが、第2シングルの下りで濡れた路面にハンドルを取られフロントタイヤが引っかかり前転。バイクは無事ですぐにレースに復帰。
Photo: Ryuta Iwasaki
試走時より滑りやすい区間が多く、特に下り区間は慣れるまで慎重に走り、上りはでペースアップをしてリズムを作る。
Photo: Ryuta Iwasaki
3周目以降になると滑りやすいラインも見極め、ウェット路面に慣れてきたのでいい感覚のペースを掴む。ラスト周回はペース配分を考えず全開で追い込み、トップでフィニッシュラインを越えることができた。
Photo: Ryuta Iwasaki
Photo: Ryuta Iwasaki

もう少し順調に走れると思っていた2018シーズン。なかなか上手く事が運ばない時期もあり、チームスタッフの皆さんや家族、サポートしていただいている企業の方々、そして応援して下さるたくさんの皆さまの力強い後押しで、無事に国内シリーズを乗り切る事ができました。本当にありがとうございました!
SPECIALIZED RACING JAPAN
平林 安里















NIPPON SKI RESORT DEVELOPMENT 日本スキー場開発株式会社



















0 件のコメント:

コメントを投稿