2017年7月25日火曜日

【レースレポート】全日本マウンテンバイク選手権

2017全日本マウンテンバイク選手権レースレポート

開催期日:2017年7月23日 
リザルト:クロスカントリーU23クラス 1位
天候:曇り時々雨
コースコンディション: セミウェット
Photo: Ryuta Iwasaki

年に一度の全日本選手権。コースは慣れ親しんできた富士見パノラマなので、レース前日22日土曜日の朝に会場入りし試走を行った。

【主な使用機材】
バイク:SPECIALIZED S-WORKS STUMPJUMPER HT
タイヤ:SPECIALIZED FAST TRAK 2.1
コンポーネント:SHIMANO XTR M9000
ヘルメット:SPECIALIZED S-WORKS PREVAILⅡ TEAM RED
シュース:SPECIALIZED S-WORKS 6 XC MTB
ジャージ:SPECIALIZED SL PRO JERSEY SHORT SLEEVE
ビブショーツ:SPECIALIZED SL PRO BIB SHORT
グローブ:SPECIALIZED XC LITE
サングラス:OAKLEY RADER EV PRIZM CLEAR LENS
ヘッドバンド:HALO

PRACTICE DAY
コースは大部分はいつもの富士見と変わらなかったが、細かい登り返しなどが増えていて少しテクニカルになっていた。レース当日の天気は雨の可能性もあったが、ウェットになっても富士見ではFAST TRAK2.1が良いとわかっているので、ギア比とコースライン取りをじっくり確認しながら5周走った。


RACE DAY
7:00頃に会場に入りアップをかねてゆっくりと1周した。前日夕方から雨が降り、ドライだった試走時とはコースの状態が大きく変わっていた。シングルトラックや黒土の路面はとても良く滑り、正確なハンドル操作が求められるが、タイヤはFAST TRAKで問題なし。10:45からアップ開始。30分間ダッシュを混ぜて漕いだ。

11:45になりスタートの合図と共にレースが始まった。が、クリートキャッチに失敗。思いっきりペダルを踏み外した勢いで前に一回転した。
Photo: Hiroaki Fujimoto

Photo: Hiroaki Fujimoto

あまりにも突然だったので何が起きたのか分からなかったがすぐに体勢を立て直して前を追う。(落車に巻き込んでしまった選手の皆さん、申し訳ありませんでした)ほぼ最後尾からのスタートとなり先頭と大きくタイム差がついてしまった。

1周目のうちに追いつこうと全開で前を追った。コースの中盤に入る頃に先頭グループに追いつき、そのままトップに立つ事ができた。2周目に入りいつも通りの自分の走りを心がけて、二番手とのタイム差を1分近く広げる事ができた。

3周目に入り、序盤のペースアップの影響か軽い脱水症状で足の痙攣を所々感じた。

4周目はペースに余裕をもって水を多めに取るようにした。徐々に足回復して5周目は良い感覚で走れ、トップでフィニッシュラインを越えることができた。

スタートはまさかのクリートキャッチミスにより落車したが、バイクも問題なく冷静に対処して先頭を追う事ができた。7クラス混走レースで自分の位置が分かりづらいなか、的確に情報提供してくれたチームスタッフにも感謝です。

今回もたくさんの応援ありがとうございました。もっと良い走りができるように頑張ります。

SPECIALIZED RACING JAPAN
平林 安里

0 件のコメント:

コメントを投稿