2020年12月12日土曜日

全日本マウンテンバイク選手権XCE/XCC

大会名:全日本マウンテンバイク選手権XCE/XCC
開催地:千葉市千葉公園内特設コース
開催日:12月5~6日
カテゴリー:エリート
リザルト:XCE 2次予選敗退
     XCC 3位
天候:土曜日/小雨  日曜日/晴れ
気温:土曜日レース時12℃ 日曜日レース時18℃
路面:土曜日/ウェット 日曜日/ドライ 
バイク:SCOTT SCALE RC 900 World Cup
コンポーネント:SRAM XX1 AXS
シートポスト: ROCKSHOX REVERB AXS
ショック:ROCKSHOX SID
タイヤ:MAXXIS ASPEN 2.25✕29 エア圧1.5bar
サングラス:OAKLEY  RADAR EV
ヘルメット:OAKLEY  ARO5


 

富士見パノラマで行われた全日本XCO(クロスカントリーオリンピック)から3週間のインターバルを開けて開催された全日本XCE(クロスカントリーエリミネーター)/XCC(ショートクロスカントリー)。都市部に位置する千葉公園での開催となったが、たぶん国内では初めての試みだったのではないでしょうか。当然コースに関するインフォメーションも少なく路面状況が読めません。舗装用のスリックタイヤも用意し試走に向かいましたが、思いのほかしっかりしたダート路面で通常のタイヤ選択でまったく問題ありませんでした。


XCE(クロスカントリーエリミネーター)
駐車場が離れていて会場の進行が掴めず、スタートに遅れかけ危うくDNSになるところでしたが、まずは初めに個人タイムトライアルを行い、トーナメント式4名づつ出走スタートする予選&本戦に向けたヒートクラス分け。ある程度体力を温存しながら19位で予選通過。1次予選はスタートで出遅れましたが2周目に1番手に上がりそのままゴール。2次予選は予選通過ラインの2位で周回していましたが、ダウンヒルセクション手前のブロックライン取りが甘く空きを突かれてしまい3位でゴール。後続に対する目配りが全然足りなかったですね。今回はBMXやダウンヒル選手も参戦していましたが、瞬発力のあるダッシュやブロックライン取り、ボディコンタクトも上手でとても参考になりました。今後もこのような交流があると良いですね。


XCC(ショートクロスカントリー)
XCCは参加選手約30名を2クラスに分けて約20分の予選を行いました。各予選ヒート上位10名が決勝に参加できるので、予選は体力を温存しつつ2位でゴール。決勝は1列目でスタート。スタートも上手くいきトップ集団でレースを進める。3~5番手を走り体力のセーブしながら周囲の選手の動きを観察。レース中盤先頭で2周ほど牽いた後は先頭集団の後方に下がり様子見に。自分で立てた作戦通りラスト2周に入る前に先頭に出てペースを上げ逃げ切りにトライ。しかし自分まだ逃げ切れるまでの力が足りなかった。自分のペースが少し緩んだところで逆にアタックをかけられ、少し開いた差を詰めきれず3位でゴール。惜しいレースではありましたが、全日本富士見大会時より更にフィジカルの状態が戻ってきつつあり、トップ集団内の位置取りも自由に動けて余裕を持って走れた事が収穫でした。

今回はレースのライブ中継配信やオーロラビションにより全コースの様子が観戦可能であったり、主催者皆さんのご苦労と努力は大変だったのではと思います。見せるレースの大事さを感じましたね。まずはアーバンレースの開催に感謝したいと思います。

XCCライブ配信映像

 今回がシーズン最終レースとなりましたが、たくさんの応援をいただきありがとうございました! 来シーズンも良い走りをお見せできるようにしっかり準備しますね!!

0 件のコメント:

コメントを投稿