2019年6月28日金曜日

【レースレポート】CJ-2 妙高杉ノ原Stag

大会名:CJ-2 妙高杉ノ原Stage
開催地:新潟県妙高市杉ノ原スキー場
開催期間:6月22~23日
カテゴリー:エリート
リザルト:XCO(クロスカントリー) 優勝



【主な使用機材】
ビブショーツ:SPECIALIZED SL PRO BIB SHORT
グローブ:SPECIALIZED XC LITE
サングラス:OAKLEY  RADER EV PRIZM LENS
ヘッドバンド:HALO

天候:霧/雨
コースコンディション:ウェット


ヨーロッパ遠征帰国から2週間、感じた課題を良い内容の練習でこなすことができ、心身の状態も良好な状態でCJ2妙高入り。走り慣れた杉ノ原とはいえ久しぶりの国内レース。機材の調子や体の感覚などを慎重に確認しながら試走を行いレースに備える。コースはシングルトラックのラインが少し変わっていたが、例年どおりハイスピード&ハイパワーなコースで機材の調子やコンディションの経過を見るのにぴったりのレイアウト。

スタート直前、霧が濃くなってきた。荒れたレース展開が予想される。スタートの合図が鳴り濃霧に突っ込む感じでレースがスタート。

クリートキャッチが今ひとつ決まらず多少出遅れたが、はじめの上 りストレートですぐに挽回しトップに立つ。まずはイメージした走りでクライムセクションを追い込む。

ダウンヒルセクションは濃霧で前方視界が悪く思うように攻めれないが、同じリズムで3周回を終える。

4周目あたりから雨脚が強まるが霧はなくなり視界が開けはじめる。

2番手とは3分程のリードをがあったため、ここからは長めのアタックをかける走りを試す。

高負荷なアタックによりペースダウンする可能性もあったが、実戦で試すメリットは大きい。結果的には雨で滑りやすくなった路面にパワーを食われてしまいラストの2周は他の周に比べてペースが落ちてしまったが、1位でフィニッシュラインを通過。

まだ目標とするコンディションに届いてないので、全日本に向けてさらに練習の質を上げていきたいと思います。 

遅めの国内レース初戦となりましたが、今年も皆さまの応援をよろしくお願い致します!

SPECIALIZED RACING JAPAN
平林 安里


Team Partnership(敬称略)









Personal Partnership(敬称略)










NIPPON SKI RESORT DEVELOPMENT 日本スキー場開発株式会社



















0 件のコメント:

コメントを投稿